【延期となりました】ナチスドイツとオカルト・疑似科学・19世紀ドイツ生活改革運動(『アーネンエルベ』出版記念イベント)

【2020.2.21追記】2月29日(土)開催予定だった出版記念イベント第1回は、新型ウイルスの感染防止に万全を期すため、延期させていただくこととなりました。お申し込みいただいた皆様には誠に申し訳ございませんが、開催時期が決まりましたらあらためて当ページでお知らせいたします。

3月15日(日)開催予定の第2回につきましては、状況を見まして3月上旬に延期有無をお知らせ予定です。

【2020.2.27追記】3月15日(日)開催予定の第2回についても新型ウイルス感染防止のため、延期させていただくこととなりました。開催時期につきましてはあらためて当ページでお知らせいたします。

***

【書籍ご購入の方は参加費無料!】ナチス親衛隊(SS)によるアーリア帝国建設のシンクタンクとなった巨大研究組織〈アーネンエルベ〉。これまで長らく謎に包まれてきたその全貌を明かした新刊『SS先史遺産研究所アーネンエルベ』の出版を記念して、本書監訳者の森貴史さんを講師にお招きして講演会を開催いたします! 

ご参加には事前のお申し込みが必要ですので、以下詳細をご覧のうえ、お申し込みをお願いいたします。

▼出版記念イベントのチラシはこちらからダウンロードできます。

目次

【第1回】ナチスドイツとオカルト・秘教思想・疑似科学

講師:森貴史(関西大学文学部教授/本書監訳者)

[内容]21世紀の現代もまことしやかに語られるナチス関連の都市伝説の代表例として、聖杯探索、地下帝国建設、UFO建造などの〈ナチス・オカルト伝説〉があります。これらの説の大半は根拠に乏しいものです。しかし、親衛隊(SS)を統率したヒムラーによる魔術や疑似科学への熱狂的な探究や、ナチズムの理論書『20世紀の神話』を著したローゼンベルクによるアトランティスへの言及など、ナチ党高官がオカルティックな諸思想に強い関心をもっていたのもまた事実です。

北欧・ゲルマン・アーリアなどの諸神話、魔術、錬金術、宇宙氷説…これらの神秘的学問は1930-40年代ナチスドイツ期に実際にどのように研究されていたのか。そしてナチスのアーリア帝国建設にどのようにかかわったのか。親衛隊が率いた謎多き研究機関「アーネンエルベ」の活動から迫ります!

【延期となりました】

◎日時:2020年2月29日(土) 16:45-18:45(開場16:30)

◎参加費:書籍ご購入済みの方:無料/一般:1,000円(当日会場支払い)

◎定員:20人

◎会場:新宿三丁目レンタルスペース会議室 大会議室
・住所:東京都新宿区新宿5丁目11-13 博雅ビル4階
・最寄駅:新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線)徒歩3分 
 *地図はこちら

【第2回】ナチスドイツと19世紀ドイツ生活改革運動--裸体生活・菜食主義・自然療法

講師:森貴史(関西大学文学部教授/本書監訳者)

[内容]ヌーディズム(裸体主義)、菜食主義、ハーブや温冷水などによる自然療法など、現代でも大きな関心が寄せられている〈ウェルネスの諸思想〉の源流のひとつは、19世紀ドイツの「生活改革運動」に連なるさまざまな活動にありました。そこでは加速化する近代世界のオルタナティブとして、ノーベル賞作家 ヘルマン・ヘッセも実践していた裸体日光浴や菜食生活、現代でもハーブ入浴剤で有名なクナイプ神父がおこなっていた薬草・水治療、そのほか禁酒・禁煙運動など、多種多様な試みが展開されていました。ナチ党でもヒトラーやヘスは菜食主義者であり、ヒムラーは強制収容所で薬草の栽培に熱中しましたが、これらの活動はその後のドイツで、優性思想や民族主義、さらにはナチズムとも奇妙な結びつきを示していくことになります。

〈より善く/自然で/健康的な生き方〉が個人的営みの域を越えて、政治・社会とつながるとき何が起こるか?『踊る裸体生活: ドイツ健康身体論とナチスの文化史』『裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち』の著者でもある森貴史さんに、当時の貴重な図版も多数まじえながら解説いただきます!

【延期となりました】

◎日時:2020年3月15日(日) 13:45-15:45(開場13:30)

◎参加費:書籍ご購入済みの方:無料/一般:1,000円(当日会場支払い)

◎定員:20人

◎会場:
新宿レンタルスペース貸会議室
・住所:東京都新宿区西新宿7-18-12 新都心ビル1階
・最寄駅:新宿駅(JR山手線)徒歩3分
 *地図はこちら

〈講師ご紹介〉

森 貴史(もり たかし)
1970年、大阪府生まれ。Dr. phil.(ベルリン・フンボルト大学)。現在、関西大学文学部(文化共生学専修)教授。主な著書に『裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち』(法政大学出版局)、『踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史』(勉誠出版)などがある。2020年2月刊行『SS先史遺産研究所アーネンエルベ』監訳者。

〈お申し込み方法〉

1.下記の「お申し込みはこちらから」ボタンをクリック。リンク先のフォームで、お名前、メールアドレス、書籍ご購入の有無等、必要事項をご入力いただき「送信」を押してください。書籍ご購入済みの方は購入がわかる写真(書籍本体、レシート、ネット書店の予約票など)もあわせてお送りください。

2.追ってスタッフよりお申し込み受付のメールを返信いたします。


【留意事項】
1.当日は受付にてお名前をお知らせください。一般の方は受付にて参加費のお支払いをお願いいたします。
2.当日の録音・録画はお控えください。セミナー風景の撮影は可能ですがカメラの消音やほかの参加者へのご配慮(顔が映らないようにするなど)をお願いいたします。
3.飲食物はノンアルコール飲料であればお持ち込みいただけます。

[主催・お問い合わせ]
小澤祥子(本書編集担当)
nanatsunohoshizora@gmail.com

書籍のご購入はこちらからどうぞ

株式会社ヒカルランドHP Amazon

※イベント当日、会場でも販売いたします。(定価9900円/数に限りあり)